賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸物件を選ぶ際の条件
賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸アパートに何らかの特長を与えるべき

賃貸アパートというと大抵は直方体の形をした二階建てで、平屋とか変わった形というのはほとんど見かけません。これは土地を有効に活用することを目指した結果そうなったのでしょうが、効率を優先しすぎるせいで建物自体に個性がなくなっているという弊害も生み出しています。入居者がアパートを選ぶとき真っ先に見るのが建物の外観であることを考えると、この状況は家主や不動産屋にとって必ずしも好ましいとは言えないのではないでしょうか。もっと建物の一つ一つに個性を出していくべきだと考えられます。

もちろん個性を出してもあまりに効率が落ちるようではマイナスにもなりかねませんが、たとえば全体の形をコの字型にしてみるとか、建物の配置次第でかなりの個性を出すことも出来るでしょう。また敷地の一部に大きな木を植えれば、その分建物が少し小さくなったとしても十分にお釣りの来るアピールが出来るかもしれません。実際自分の住むアパートの敷地内に大きな桜の木があるとしたら、それだけで贅沢な気分になれるのではないでしょうか。

お役立ちサイト