賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸物件を選ぶ際の条件
賃貸物件を選ぶ際の条件

高齢者の一人暮らしと賃貸アパートの可能性

現代では自宅での高齢者の一人暮らしというのが何かと社会問題になっていますが、この状況を改善するために賃貸アパートが活用できるのではないでしょうか。たとえば現在住んでいる建物をアパート仕様に改築して、家主の高齢者は管理人として住み続ければ日常の不安からかなり解放されるはずです。特に高齢者で不安なのが健康問題ですが、アパートの入居者なら家主の具合が悪いとなればすぐに気づくでしょうし、普段の関係次第では入居者と擬似的な親子関係を構築することも出来るでしょう。

その際問題になるのが入居者の質ですが、とりあえずは大学などと連携して学生専用にすれば、昔の下宿のようなものに出来るでしょう。高齢者としても若者との事実上の同居はわくわくするし、食事を提供することが出来れば生活に張りも生まれるでしょう。また学生の親としても子供を完全に一人暮らしのアパートに入れるよりははるかに安心だし、特に女子学生の場合なら治安という面でも高い評価が出来るはずです。このように賃貸の形式を考えることで、高齢者の一人暮らしの問題に一つの解決策が生まれる可能性があります。