賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸物件を選ぶ際の条件
賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸にはいろいろな種類があります。

賃貸物件には、おおまかにマンション、アパート、一戸建てがあります。更に、マンションにはマンスリー、ウィークリー契約もあります。他にデザイナーズ賃貸やUR賃貸、高級賃貸、高齢者向け等様々な種類があります。建築家の拘わりが感じられるデザイナーズ物件は洗練されたお洒落な佇まいでしょう。UR賃貸はUR都市機構所有の旧公団住宅ですが、審査を通る該当者なら敷金のみで入居できたりしてお得です。高級賃貸は床や壁の防音仕様や細部の設計まで高級化されています。

高齢化社会ですのでバリアフリー化やセキュリティに優れた高齢者向け賃貸も人気です。マンション、アパート等賃貸の初期費用には敷金、礼金、更新料、保証料、仲介手数料などがあります。また保証人が必要なところが殆どです。不動産屋によっても異なるので賃貸契約時にはよく確認しましょう。賃貸の場合、入居時は日割り分と翌月分の一括の支払いをするのが一般的です。逆に、退去時は1〜2ヶ月くらい前に退去申告をして月半ばでも日割りで家賃が戻されることはありません。

お役立ちサイト