賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸物件を選ぶ際の条件
賃貸物件を選ぶ際の条件

男の隠れ家のような賃貸部屋

ときには暗さが空間の演出に役立つこともあります。私たちは家にいる時は、部屋の中は明るい場所であるべきだと思いがちです。なので採光重視の建物を選んだり、光が差し込まないときには電気をつけて室内を明るくします。しかし、それとは逆にわざと部屋の暗さを利用して男の隠れ家風に仕立て上げた賃貸物件があるそうです。もともとあまり明かりがとれない位置にあったために行った工夫だそうですが、室内をバーのような暗さに調節したことで、かえって大人の男性が好むような明るさが実現できています。

特に一人暮らしの男性にとっては今までの賃貸のイメージにはない、帰ってきてからほっとできる場所ができたと好評のようです。無理に明るくしなくても、少し暗いほうが人は落ち着くという報告もあるくらいですから、こういう変わった物件も良いのかもしれませんね。朝は日光を浴びたほうが良いということもありますが。こちらは外に出れば解決できそうです。