賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸物件を選ぶ際の条件
賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸選びの2点の項目

賃貸契約をする際、まず考えるのは家賃だと思います。月々に関わることですし、安ければ安いほど家計には優しいですから。ただ、個人的に家賃以外にも重要視しているのは周りの環境と動線の2点です。1点目の環境面では賃貸においてその場所で生活をするわけですから環境がいいほうが当然、好ましいと言えます。病院が近くにあったり、ホームセンター、消防署、警察署、駅、大きな公園、仕事帰りにふと立ち寄れる落ち着いたカフェ、などなどです。

地形も考えたりします。坂道が多いのか、そうでないのか、交差点の数や袋小路の数。車道の幅、歩道にガードレールがあるかどうか。そして交通量。将来、子供が育つ環境でもあるので安心して利用できる施設があればなおよいですよね。2点目の動線はその家に住む上で最初に見ておいたほうがいい、と大工の叔父に教えてもらいました。毎日の生活の中では主婦の方が家事を担うことが多いですよね。その主婦の方が家事をしやすいような動線になっているとストレスフリーな生活ができると考えます。ベランダまでの経路が広いかどうか、炊事場とリビングまでの経路、洗濯物を干しにいくまでの廊下幅、などなど。毎日の生活の要である主婦の方が快適に過ごすことができる賃貸。大切な奥さまが快適に毎日を過ごせれば家庭の空気もより明るくなるのではないでしょうか。素敵な環境で生活できればいいですよね。