賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸物件を選ぶ際の条件
賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸住宅の家賃は月収の何割くらいが良いか

私は夫婦2人で賃貸アパートに暮らしています。妻は専業主婦のために、我が家の場合は収入があるのは私1人です。会社員の私の月収は手取りで23万円程度で、賞与は一定ではありませんが、年間に80万円程度です。そんな私達が借りている賃貸アパートは、駐車場の代金込で65,000円の物件を借りています。月収の25%程が住居費に充てられることになりますが、食費や通信費、光熱費、医療費、衣料費、交際費等を考えると毎月がギリギリの生活です。

家賃は月収の何割以内に抑えなくてはならないかは、各家庭の支出の状況にもよると私は考えています。我が家の場合は光熱費や通信費が高い傾向にあるので、生活はギリギリですが、上手く節約ができている家庭では同じ収入でももう少し高い家賃の物件に住んでも余裕があるかもしれません。自身の家計の支出を把握したうえで、家賃の上限を決めることが、良い賃貸住宅を借りるコツであると私は考えています。