賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸物件を選ぶ際の条件
賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸住宅と分譲マンションとペット

マンションでも、分譲マンションを販売している同じマンションで賃貸になっている場合がよくあります。そこでペットが禁止になっているマンションの条項がある場合には、隠れてペットを飼っている場合に、それが見つかると管理組合から、ペットを処分するように通達があつたりして、訴訟になったりすることも最近は多いようですが、大体は管理組合のほうが勝つようです。当然でしょうが、そのような場合にも、訴訟まで、こじれてしまう前に、管理組合と交渉して、他の方法を模索するのが良いのです。例えば同じように隠れて、ペットを飼っていたり、飼いたい希望がある人達と協力して交渉したほうが、効果が高いそうです。

またある部屋は、ペット許可で借りても、他の部屋はペットが禁止という場合もあります。オーナーが違う分譲マンションなどで、そのようなこともあるらしいのですが、そのような場合にも、よく確認しておかないと、後でそのマンションの住人とトラブルになったりすることもあるようです。また規約の変更では、マンションの4分の3の同意が必要なので、なかなか難しいということではないかと思います。

お役立ちサイト