賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸物件を選ぶ際の条件
賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸住宅での色々な問題と教訓

東京の繁華街の近くの賃貸住宅で、仕事をしながら、自宅も兼ねた住まいを借りたことがあり、そこで数年住んだことがありましたが、その時に、近所づきあいで色々な失敗もしてしまいました。その時に感じたことは、住宅街で仕事をするものではないということでした。やはり住宅街では、住まいが中心ですので、例えば起業などをして、事務所兼自宅として使い、そこで仕事をすると、まわりとの関係がギクシャクします。例えば車の出し入れでは、住宅地は、それほど車を使わないことも多いですし、出勤に使う場合でも朝と晩だけです。

しかしビジネスの場合には、トラックで荷物が運ばれたり、自家用車を仕事で頻繁に出し入れしたりします。また電話の音や、話し声が仕事ですので、大きくなったりします。またストレスも溜まり、家庭内で喧嘩をしたりすることも増えます。そうなると静かに暮らしたいという住宅街では、あまりよい感情を持たれません。私もその経験をしてからは、住まいと職場は、賃貸でも場所を選ばないといけないと身にしみて感じました。

お役立ちサイト