賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸物件を選ぶ際の条件
賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸における共同生活

最近の賃貸物件では他人と共同生活するシェアハウスやゲストハウスといった形の形態もあります。シェアハウスとゲストハウスは似た部分も多くて共通点はたくさんあります。それぞれを比較してみますとシェアハウスは入居者の負担は多くなっています。友人や知人といった他人とトイレやキッチンなどをシャアするにはある程度の覚悟が必要となります。そういったことを事前に考慮してシャアハウスで生活することを決断することが必要です。

シェアハウスの場合の契約は代表者一人が不動産屋さんと契約という形になります。家賃は代表者が全入居メンバーから集金して管理会社に支払うという形になります。テレビ、エアコン、ベッド、カーテンなどは入居者が各自用意することとなります。普通の賃貸とはことなりいろいろなトラブルがおこることも想定されますので事前の計画やお互いのルールづくりの重要性はとても高くなります。この意味でシェアハウスはお互いがいかにうまく生活していくかがとても大切です。