賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸物件を選ぶ際の条件
賃貸物件を選ぶ際の条件

賃貸物件の敷金と礼金が無料の場合

賃貸物件の引っ越しには何かとお金がかかるものであり、物件にかかる費用の他の雑費にも意外とお金がかかってしまうことも少なくありません。それだけに、引越しの際は余裕を持って資金を確保しておきたいものです。賃貸物件の初期費用としては、主に家賃の他に敷金や礼金、仲介料と前家賃などが必要です。これは物件ごとに違いがありますが、敷金と礼金は一般的にはそれぞれ2ヶ月分が必要となります。しかし、最近では敷金や礼金が必要のない賃貸物件も多くなってきています。これは大家さんの都合があります。

賃貸物件の大家さんにとって大切なことは家賃収入であり、それを左右するのが入居率です。そのため、大家さんは物件は全て入居してもらいたいと考えます。入居率を上げるためには、他の物件よりもお得感を出す必要がありますが、目で見てインパクトを感じるのは敷金も礼金も必要ないということです。借りる側にとって敷金と礼金は大きな負担となりますから、これがなければ借りることに傾きやすくなります。但し、敷金や礼金がない代わりに他の部分でデメリットがあるかもしれませんので、契約前に不動産会社や大家さんに確認をしましょう。

お役立ちサイト